たくさんの要素から成る宝石

宝石の見分け方は、宝石の種類によっても異なる点はありますが、基本的なチェックポイントは共通しています。本物の宝石でも、品質評価によって、価格や価値が大きく変化します。宝石の価値の見分け方として、ダイヤモンドの場合は4Cが使われています。他の宝石でも、種類、原産地、サイズを基本に、サファイヤなど発色の美しさも重視される種類では、色の濃淡、色やその他の処理なども関係します。見た目の美しさはもちろん、欠点がある場合は、その程度もチェックされます。鑑定士の宝石の見分け方では、専用のテスターなどを活用して、熱伝導性など見た目では分からない性質を判断します。さらに、ルーペを使って拡大しカットの精密さを確認したり、UVライトを照射して蛍光性を調べるなど、見た目からも様々な情報を得ています。しかし、素人が見た目で判断するのはなかなか難しい面もあるので、販売している石について情報開示を行っている店舗など、信頼できる店舗での購入が確実です。

宝石2015

たくさんの要素から成る宝石 宝石の販売方法について 宝石のネックレスの開運モチーフ 世界に一つだけの宝石の作り方 歴史ある宝石のアレキサンドライト さまざまな宝石の種類と意味。 オリジナルの宝石を作る場合は絵を起こすこと 宝石の彫刻品だった「カメオ」 宝石を様々な側面から解説している辞典 宝石の通販で信頼できる鑑定書付き商品